外壁塗装についてためになる事をまとめています

外壁塗装の失敗例と業者選びのポイントについて

外壁塗装の失敗例と業者選びのポイントについて 外壁塗装で多い失敗例が、塗料の選択を間違うケースです。
品質の悪い材料は経年劣化しやすく、塗ってから直に剥げ落ちることがあります。
外壁塗装の役割は建物の保護もあるので、このような塗料は本来の目的から大きく外れていることになります。
いくら外観が美しいとしても、外壁を保護できる材質でなければ、塗装する意味がありません。
それ故、外壁塗装を依頼する際には信頼できる塗装会社を選ぶことが何よりも重要です。
また、外壁塗装での失敗で多いのは、アフターフォローがないことです。
塗装というものは時間が経たなければ、本当の効果というものが分からないものです。
時間が経過しても色落ちせずに、剥れもしない塗装が優れているわけです。
それでも、地震やなどの振動によって、塗装にひび割れが発生することがあります。
その際には補修塗装を行う必要があり、放置するとひび割れから雨水などが浸入する恐れがあります。
それ故、アフターフォローとして、補修工事を実施してくれる塗装会社が安心できます。
アフターフォローがない場合は、高額な補修料金を請求されることもあるからです。
安心できる業者に依頼するには、先ずは見積りをとって検討するのが良いと言えます。
電話やメールなどでの相談に、親身になって対応してくれる業者であれば信頼性が高いと言えます。

外壁塗装の費用と知識。契約までの流れと注意等!

外壁塗装の費用と知識。契約までの流れと注意等! 住宅のメンテナンスでもっとも費用が掛かるのが外壁塗装です。
建物は風雨や日照の影響を受け、経年劣化が進むと耐久性が損なわれます。
住宅はご家族の財産と生命を守る重要なもので、人の一生で一番高いお買い物となるでしょう。
中長期の風雨や日照によって、劣化が進んだ外壁は雨による浸水がもっとも考えられ、木造住宅ではシロアリ被害による劣化、RC住宅では鉄筋構造の強度劣化に繋がります。
現在、一般的に行われる外壁塗装にウレタン塗装とシリコン塗装があります。
高耐久塗装にフッ素塗装があり、ウレタン塗装やシリコン塗装に比べて耐久性が高くなりますが、その分費用も高くなります。
グレードにより異なる外壁塗装の相場があり、相場を元に建物の計測を行い、見積もり額が算出されます。
ウレタン塗装が坪単価25,000円~30,000円、シリコン塗装が坪単価30,000円~35,000円、フッ素塗装が35,000円~40,000円の相場が形成されています。
外壁塗装を依頼する時の注意として業者選びが重要となります。
最初に見積もりを取ると、足場や高圧洗浄、下地調整や処理等の付随する作業に個別の費用が掛かり、業者により見積もり内容が大きく異なります。
業者により塗装技術や採用している塗料のメーカーも異なるので、契約を交わす前に何度も見積もり内容に目を通し、納得のゆく説明を求めましょう。
塗料には水性塗料と油性塗料があり、塗料の伸びを良くし作業性を高めるために希釈する業者がありますが、希釈することで乾燥時に耐久性が低くなるので、無希釈塗装を行う業者を選びましょう。

沖縄の塗装工事ならこちらがおすすめです

沖縄の外壁・防水塗装工事・コンクリート補修