臭いはどの程度有害なのか

臭いはどの程度有害なのか

臭いはどの程度有害なのか 外壁塗装に気になるのが臭いですが、以前に比べれば今はかなりにおわない製品が出てきました。とはいえ全く無臭という製品がないのも残念ながら事実です。
これは外壁塗装に使う塗料自体とともに塗装の時に必要になる有機溶剤というもののどちらもが臭っているからなのです。一般的に外壁を塗る際には油性の塗料を使いますが、塗料というのは例えば絵具と一緒で何かで伸ばさないと使うことが出来ません。油性塗料の場合には絵具のように水で伸ばすのではなくて、シンナーなどの有機塗料を使います。こうしたものが体に有害なのは言うまでもありません。シンナーは吸引すると神経障害を起こしてしまいますので、出来るだけ吸わないようにするのが基本です。つまりはこの臭いは吸い込まないように気を付けることが必要なので、一番良いのは外壁塗装中は家にいないことです。といっても最低でも1週間はかかる工事期間中ずっと家を空けているわけにもいかないでしょうから、窓を開けないとか空気清浄機をつけっぱなしにするなどの工夫が要ります。

近隣への挨拶が必要不可欠

近隣への挨拶が必要不可欠 外壁塗装を行うにあたって、近隣への影響が心配という方は多いのではないでしょうか。塗装工事はどうしても音や臭いが発生してしまうため、特に住宅が密集している地域などでは周囲に迷惑となってしまうケースも考えられます。
この為、外壁塗装を行う際には事前に周辺住民の方に挨拶回りをすることが必要不可欠です。いきなり何の説明もなしに工事を始めると、騒音や臭いが原因でご近所トラブルになってしまう恐れがありますが、事前に挨拶回りをして工期などの説明を行うことで、理解を求めることができます。
こうした事前の挨拶回りは、基本的に塗装会社側で行ってもらえます。粗品なども会社側で用意してもらえるので、基本的には全てお任せでOKですが、可能であれば自らも挨拶回りに同行するのがおすすめです。自ら挨拶に顔を出すことで、クレームのリスクをぐっと下げることができます。
但し、全ての塗装会社が近隣への事前説明、挨拶を行ってくれるとは限りません。見積もりの際には、挨拶回りを行ってくれるかどうかを確認しておきましょう。