確定申告時の控除

確定申告時の控除

確定申告時の控除 外壁塗装の工事にはかなりの費用がかかりますが、かかった費用の一定額を確定申告時に所得税額から差し引くことができる場合があります。これは住宅借入金等特別控除とよばれる制度で、一般には住宅ローン減税の略称のほうで知られています。この場合の条件としては、実際に住宅として利用している建物であること、10年以上にわたる期間の住宅ローンを組んでいること、リフォーム工事の費用がトータルで100万円以上かかっていること、納税する人の年収が3000万円以下であることなどが挙げられています。

したがって同じ外壁塗装とはいっても別荘のリフォームなどの条件を満たさないケースでは対象外となってしまいますが、逆に条件を満たす限りは毎年の税金の支払いの上で大きなメリットがあります。サラリーマンの場合は所得税は会社を通じて源泉徴収されているため、年度末の確定申告にはあまり縁がないはずですが、申告をしておくと制度の適用を受けることができます。

外壁塗装で確定申告をするとメリットがある条件

外壁塗装で確定申告をするとメリットがある条件 外壁塗装をする場合にはそれなりのコストがかかりますが、できるだけ家計の出費は減らしたいというのがほとんどの人が考えることといえるでしょう。こうした場合に複数の会社に見積もりを依頼して価格の面での競争をさせるなど、外壁塗装そのものの代金を減らす取り組みも有効ですが、そのほかにも税金を安くするといった手段も考えられます。サラリーマンであれば毎月の給料から所得税が天引きされているため確定申告は通常は不要ではあるものの、逆に申告をすることによってメリットが受けられる場合もあります。

そのための条件ですが、外壁塗装を含めたリフォーム工事にかかる費用が100万円を超えること、返済期間10年以上の住宅ローンを組んでいること、実際に居住しているマイホームを対象とした工事であることなどが挙げられます。これらの条件がそろっている場合には、住宅借入金等特別控除とよばれる制度により、税金を安くすることができるようになります。